北がわブログ

「大和川・石川クリーン作戦」に参加しました

2017年3月6日 3:45 PM|カテゴリー:北がわブログ

LINEで送る

3月5日(日)、毎年恒例の「大和川・石川クリーン作戦」が行われ、大阪府下67か所、奈良県内60か所で約2万人が一斉清掃しました。晴天の中、私も、浅香山会場に参加しました。

10年前に比べて、大和川は本当に綺麗になってきました。データからみても大和川の水質は確実に改善されています。沿川地域の皆さまの日頃の努力のお陰です。

これからも力を合わせて、清流・大和川の復活を目指して取り組んでまいります。

 

ラジオ日本「岩瀬恵子のスマートNEWS」に生出演

2017年2月8日 3:02 PM|カテゴリー:北がわブログ

LINEで送る

本日8日(水)、ラジオ日本「岩瀬恵子のスマートNEWS」(毎週月~金、朝6時30分~8時50分)の中で、私、北側一雄が、7時17分~8時に生出演し、天皇陛下の退位など今国会の重要課題についてお話しました。

その様子は、ラジオ日本ホームページhttp://blog.jorf.co.jp/smart/ から聴取できます。ぜひお聴きください。

 

2017年2月8日(水)OA ラジオ日本「岩瀬惠子のスマートNEWS」

【公明党副代表 衆議院議員 北側一雄さん出演】という文字をクリックすると、ポッドキャスト版をお聴きいただけます。

阪神高速大和川線の三宝・鉄砲間が一部開通

2017年1月28日 3:07 PM|カテゴリー:北がわブログ

LINEで送る

本日28日(土)、阪神高速大和川線の三宝・鉄砲間が一部開通しました。私、北がわ一雄も開通式に参加してきました。3年後には、堺浜・松原間が全線開通される予定です。

大和川線は、私が国土交通大臣に就任する前から推進してきた事業です。全線開通すれば、湾岸線と近畿道、西名阪道がつながり、大阪に大きな環状道路ができることになります。物流、人流の円滑化を通じて、関西経済の活性化につながるのはもちろん、大災害時の命の道にもなります。

工事中、地元の皆さまにはご迷惑をおかけしてきましたが、ご理解頂けますようお願いいたします。

3年後の全線開通が楽しみです。

BS日テレ「深層NEWS」に生出演します

2017年1月26日 2:26 PM|カテゴリー:北がわブログ

LINEで送る

【お知らせ】

本日26日(木)夜10時~11時、BS日本テレビの報道番組「深層NEWS」に各党の代表とともに生出演いたします。

テーマは「一代限りか制度化か…天皇退位で与野党激論」です。ぜひご覧ください。

http://www.bs4.jp/shinsou/index.html

11・5「世界津波の日」、総合防災訓練に参加

2016年11月7日 3:33 PM|カテゴリー:北がわブログ

LINEで送る

「世界津波の日」である11月5日(土)、堺市の堺泉北港にある基幹的広域防災拠点で、南海トラフ巨大地震の発生を想定した国土交通省近畿地方整備局、大阪府、堺市の合同総合防災訓練が行われ、あいさつさせて頂きました。

この防災拠点は、広域かつ甚大な災害に備えて、人命を救助する隊員の皆様が活動し、多くの物資が集積、分配されるなど西日本最大のスペースと機能をもつ広域防災拠点です。

昨年の国連総会で制定された「世界津波の日」は、1854年(安政元年)11月5日の安政南海地震で津波が発生した際、 紀州広村(現在の和歌山県広川町)の高台に住む庄屋、濱口梧陵が津波を察知し、自らの稲束(稲むら)に火を付け、それを目印に村人を高台に避難させ、多くの人命を救ったという“稲むらの火”の逸話が由来です。 

日本は災害の多い国です。災害から逃れることはできませんが、災害があっても被害を出来るだけ小さくしていく努力はできます。実質的な防災訓練が、いざというその日の為の備えとして大きな意義があります。「世界津波の日」が国内外で、津波や地震の防災意識を高める契機となるよう、これからも積極的に普及、啓発を推進してまいります。

 

« 古い記事へ

  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • カテゴリー

  • 最近のコメント

    • 北がわ一雄Facebookページ

    • ニュース|公明党

    • Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
      このページの先頭へ