北がわニュース

信頼強化へ 交流促進

2017年8月9日 1:52 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

山口代表 宋濤・中連部長と会談
日中首脳の相互訪問早く

公明党の山口那津男代表は8日午前、東京都新宿区の公明会館で、日中与党交流協議会で来日している中国共産党中央対外連絡部(中連部)の宋濤部長らと会談し、両国関係の発展のため、公明党と中国共産党との交流をさらに強めていくことを確認した。

山口代表は一行の来日を心から歓迎。今年が日中国交正常化から45年、来年が日中平和友好条約の締結から40年の節目に当たることに言及し、先人の果たした役割に感謝するとともに、「大切な機会を生かして日中の交流が一層進み、関係が改善・強化されることを共々に担いたい」と強調した。

また、公明党の遠山清彦衆院議員を団長とする超党派議員連盟が、近く訪中することにも触れ、「次の時代を担う若い政治家の交流を、これからも大切にしたい」との考えを示した。

これに対して宋中連部長は、両国関係の安定的な発展を推進するには、双方の与党同士が理解を深め、信頼関係を強固にすることが重要だと指摘。その上で、「45年前、中日友好に尽力され、国交正常化の扉を開かれた先人たちの貢献を永遠に忘れない。その信念を継承し、絶えず促進していきたい」と語った。

現在の日中関係について山口代表は、安倍晋三首相と習近平国家主席が国際会議の場で会談する機会が増えるなど、良好な方向に進んでいるとの認識を示し、「両国首脳が互いに訪問し合う機会を早くつくりたい」と力説。日中韓サミット(首脳会談)についても、早期開催へ環境整備に努めると述べたのに対し、宋中連部長は「日中韓サミットを中国は大変重視している。具体的な成果が上がるよう良好な環境づくりが必要だ」と応じ、今秋の中国共産党大会後にも開かれることに期待感を示した。

北朝鮮による核実験や、相次ぐ弾道ミサイル発射について山口代表は、「現実の脅威として国民の心配が高まっている」として、外交的解決をめざす上でも圧力強化へ中国が役割を果たすよう要請。宋中連部長は「対話を通じて外交的に解決すべきだ」と述べた。

(公明新聞ニュースより転載)

大阪初の世界遺産に

2017年8月1日 2:33 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

19年の登録めざし百舌鳥・古市古墳群を推薦

国の文化審議会は31日、2019年の世界文化遺産登録をめざす候補に「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)を推薦することを決めた。

これを受けて大阪府と古墳群がまたがる堺、羽曳野、藤井寺の3市でつくる「推進本部会議」(松井一郎会長=知事)は同日夕、府庁内で報告会を開催した。公明党の北側一雄副代表が超党派の推進議員連盟の幹事長として出席し、関係者と共に推薦決定を喜び合った。

同古墳群は、国内最大規模の仁徳天皇陵古墳(大仙古墳)など4世紀後半から5世紀後半にかけて造られた49基で構成される。今回の国内推薦に向け、超党派の議連も政府への働き掛けを重ねるなど、後押ししてきた。

北側副代表は「地元をはじめ多くの方々の尽力があって、まずは一歩を踏み出せた。2年後に登録が実現するよう、共々に頑張りたい」と話していた。(公明新聞ニュースより転載)

北の核放棄へ圧力強く

2017年6月13日 2:48 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

ラジオ番組で北側副代表 米韓中ロと連携し対処

公明党の北側一雄副代表は12日、ニッポン放送のラジオ番組に出演し、弾道ミサイル発射など挑発行為を繰り返す北挑戦への対応について、「北挑戦が核放棄へ歩み出すために周辺国が圧力をしっかりかけていかなければならない」との考えを示した。

北側副代表は、北朝鮮が4週連続でミサイル発射を強行し、その精度が向上している現状に触れ、「わが国の安全に対する脅威だ」と指摘。その上で、北朝鮮への圧力を強化していくには、米国や韓国に加え、中国、ロシアとも緊密に連携して対処すべきだと強調した。

北朝鮮への影響が大きい中国の対応については、5月に議員連盟の一員として、武大偉・朝鮮半島問題特別代表と会談した模様を紹介し、「中国側も本気になって北朝鮮問題に対処しなくてはいけないと思っている」との認識を述べた。(公明新聞ニュースより転載)

聴取はこちらをクリックしてください。

安定した皇位継承へ

2017年6月9日 3:46 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

拙速慎み国民合意を
衆院憲法審で北側副代表

公明党の北側一雄副代表(党憲法調査会長)は8日、衆院憲法審査会で「天皇制」に関する意見表明を行い、皇族男子が減少する中での安定した皇位継承に向けた制度構築について、「極めて重要な課題だが、拙速な議論を慎み、一定の時間軸の中で、国民の意識や皇室の状況なども見極め、国民の合意を形成していくことが適切」と指摘した。

一方、天皇の公的行為については、「憲法上の明文の根拠はないが、その時代の天皇の思いが国民の期待とも相まって形づくられる」との認識を表明。被災地へのお見舞いなどを通じて多くの国民が「天皇陛下が『象徴』としての大きな役割を果たしている」と受け止めていることを踏まえ、「国民と共にある象徴天皇の重要な行為で、憲法上も当然認められる」との見解を示した。

続いて行われた自由討議では、太田昭宏全国議員団会議議長が意見表明した。

(公明新聞ニュースより転載)

百舌鳥・古市古墳群世界遺産に

2017年6月8日 4:04 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

北側副代表らが要望

超党派の「『百舌鳥・古市古墳群』の世界文化遺産登録を推進する議員連盟」などは7日、文部科学省で松野博一文科相、宮田亮平文化庁長官に対し、同古墳群の世界文化遺産登録に関する要望を行った。公明党から同議連幹事長の北側一雄副代表が出席した。
大阪府堺、羽曳野、藤井寺の3市にまたがる同古墳群について北側副代表らは、今年度に国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦候補として決定し、19年の登録を実現するよう訴えた。
松野文科相は「世界的にも極めて貴重な古墳群だ」との認識を示した上で、文化審議会の議論を見守ると答えた。
(公明新聞ニュースより転載)

« 古い記事へ

  • カレンダー

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • 最近のコメント

    • 北がわ一雄Facebookページ

    • ニュース|公明党

    • Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
      このページの先頭へ