北がわニュース

生涯スポーツを後押し

2017年9月25日 11:09 AM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

堺市ゲートボール連盟杯で 北がわ副代表あいさつ

公明党の北がわ一雄副代表(衆院選予定候補=大阪16区)は24日、堺市北区の金岡公園野球場で開催された「堺市ゲートボール連盟杯」(同連盟主催、西惠司会長)に来賓として出席し、あいさつした。

同大会は毎年開催され、今回で19回目。46チーム約250人の市民が参加した。

北がわ氏は「日頃の練習の成果を発揮し、素晴らしいプレーを期待します」とあいさつ。その後、臨んだ始球式では、打ったボールがゲートを通過し、大きな拍手が起こった。

開会式後、参加者に声を掛けて回りながら、北がわ氏は「ゲートボールのように健康づくりや地域交流に貢献する生涯スポーツの普及を、今後も後押ししたい」と話していた。(公明新聞ニュースより転載)

論点示し丁寧な議論を

2017年9月20日 3:14 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

憲法テーマに北側副代表 関西経済同友会で講演

公明党の北側一雄副代表(党憲法調査会長)は19日、大阪市内で開かれた関西経済同友会の勉強会に講師として出席し、日本国憲法をテーマに講演した。

北側副代表は、憲法改正の論議について、「まずは国会の場で与野党を巻き込んだ丁寧な議論を尽くす必要がある」と力説した。

国民投票については、英国やイタリアで行われた事例を引き合いに出し、本来の政策や路線の選択ではなく、政権への評価で賛否が分かれてしまう可能性があることを指摘。「論点を明確にし、国民の理解を得ながら慎重に進めていかねばならない」と述べた。

また北側副代表は、緊張が高まる北朝鮮情勢に言及し、2年前に整備された平和安全法制によって、「自衛隊と米軍との共同訓練が密に行われ、情報の共有・連携も大きく強化された」と強調。その上で、「政策変更をしないといけない場合、その唯一の手段が憲法改正ということではない」と語り、法改正で迅速に対応すべき政策テーマもあるとの認識を示した。(公明新聞ニュースより転載)

語れる実績・政策を

2017年8月28日 5:23 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

兵庫で北側副代表 呼び掛け

公明党兵庫県本部(赤羽一嘉代表=衆院議員)は27日、神戸市内で夏季議員研修会を開催した。赤羽県代表をはじめ中野洋昌、濱村進(ともに衆院議員)、伊藤孝江(参院議員)の各県副代表と県下の県、市、町議が参加。党勢拡大へ議員力に一層の磨きをかけていくことを誓い合った。

一方、北側一雄副代表は、次の戦いの勝利に向け、“語れる実績・政策”づくりの重要性を指摘した上で、「訪問対話や行事への参加、地域サポートなどの日常活動を通じて、地域で信頼を築いていこう」と訴えた。赤羽県代表は、「“常勝兵庫”の建設へ団結して頑張ろう」と強調した。

研修会では、桃井祥子加古川市議と後田正信相生市議が、活動報告を行った。

同日、党和歌山県本部(多田純一代表=県議)も、岩出市内で夏季議員研修会を開き、北側副代表らが出席した。(公明新聞ニュースより転載)

世界遺産へ連携さらに

2017年8月26日 5:34 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

百舌鳥・古市
古墳群で北側氏ら文科相に要望

超党派の「『百舌鳥・古市古墳群』の世界文化遺産登録を推進する議員連盟」は25日、文部科学省で林芳正文科相に対し、同古墳群の世界文化遺産登録に関する要望を行った。公明党から、同議連幹事長の北側一雄副代表、副幹事長の杉久武参院議員が参加した。同古墳群のある大阪府と堺、羽曳野、藤井寺の3市による推進本部会議のメンバーも同席した。
要望は、国の7月の文化審議会で、同古墳群が世界文化遺産登録の推薦候補に選ばれたことを踏まえたもの。

席上、北側副代表は「これからが大事だ。2年後に晴れて登録されるよう、文科省と連携して取り組みたい」と述べた。

林文科相は、「要望はしっかり受け止める」と答えた。(公明新聞ニュースより転載)

地域密着で語れる実績

2017年8月20日 4:06 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

“次の勝利”へ議員力強化誓う
党大阪夏季研で北側副代表、石田政調会長が力説

公明党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)は19日、大阪市内で夏季議員研修会を開き、次の戦いの勝利へ議員力のさらなる強化を誓い合った。北側一雄副代表と石田祝稔政務調査会長が出席した。
北側副代表は、来年12月の衆院議員の任期満了まで1年半を切った次期衆院選について、「常在戦場であることを念頭に、日々の活動を進めないといけない」と力説。

先の東京都議選での公明党の勝因の一つとして、私立高校の授業料無償化など「語れる実績があったことが大きい」と強調し、地域サポート運動や訪問対話運動などを通じ「われわれも地域の役に立つ実績を残していこう」と訴えた。

石田政調会長は、6月に閣議決定した経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)のポイントを説明した上で、次期臨時国会について、働き方改革の前進へ、退社から出社までに一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル制度」の普及を図るなど「『休み方改革』を進めたい」と強調した。

佐藤府代表は、統一外地方選挙や次期衆院選など、全ての戦いに勝利するため「全員が議員力をアップしていこう」と呼び掛けた。

なお、同研修会では「2025年国際博覧会の大阪・関西への誘致」をテーマに、経済産業省の武田家明博覧会推進室長が講演した。(公明新聞ニュースより転載)

« 古い記事へ

line友だち追加
  • カレンダー

    2017年12月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

  • 最近のコメント

    • Twitter

    • 北がわ一雄Facebookページ

    • ニュース|公明党


    • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
      このページの先頭へ