安全保障 現実的に対応

2017年5月28日 1:31 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

北側副代表ら 奈良市議選の勝利訴え

公明党の北側一雄副代表は27日、奈良市内で開かれた党奈良県本部(岡史朗代表=県議)主催の時局講演会に熊野正士参院議員と共に出席し、7月2日に告示される奈良市議選(同9日投票、定数39)の勝利へ支援を呼び掛けた。
北側副代表は、北朝鮮問題など日本を取り巻く安全保障環境が緊迫する中、自衛隊と日米同盟を軸に「国民を現実にどう守るのかを考え、実行するのが政治家の果たすべき役割だ」と力説。その一方、自衛隊を違憲とし、日米安保条約の廃棄を主張している共産党について「全く国際情勢を理解していない」と批判した。

これに先立ち、同市議選に挑む現職の森岡ひろゆき、伊藤つよし、みやいけ明、くり雄二、ふじ田さちよ、新人の田畑ひさえ、そうだ哲朗の予定候補7氏が必勝の決意を表明した。

(公明新聞ニュースより転載)

LINEで送る

» «

コメントをどうぞ

line友だち追加
  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • カテゴリー

  • 最近のコメント

    • Twitter

    • 北がわ一雄Facebookページ

    • ニュース|公明党

    • このページの先頭へ