「退位」で各党全体会議

2017年3月3日 5:10 PM|カテゴリー:北がわニュース

LINEで送る

皇位継承の安定性など議論

衆参両院の正副議長は2日、衆院議長公邸で天皇陛下の退位に関して8党2会派の代表者による全体会議を開き、皇位継承の安定化や天皇退位に対する考え方などについて議論した。公明党から井上義久幹事長、北側一雄副代表、西田実仁参院幹事長が出席した。

北側氏は、今の天皇陛下の退位について、天皇、皇室制度の安定的な維持のためには「天皇の終身在位制の基本は維持されるべき」と述べる一方、高齢化社会の進展を踏まえ、(1)退位による権威の二分化(2)退位の強制(3)恣意的な退位――の弊害が生じる恐れがない場合は「国民合意の上で許容される」と主張した。

その上で、昨年8月の天皇陛下の「お言葉」を受け、多くの国民は「退位をやむを得ない」と受け止めていることから、「退位は認められるべきだ」との見解を示した。

会議後、大島理森衆院議長は記者会見で、今の天皇の退位実現をめざすことで「各党派ともおおよそ同じ気持ちを持っているのではないかと受け止めた」と語った。

各党派の全体会議は、きょう3日も開催され、退位に必要な立法形式などで意見交換する。

(公明新聞ニュースより転載)

LINEで送る

» «

コメントをどうぞ

  • カレンダー

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • カテゴリー

  • 最近のコメント

    • 北がわ一雄Facebookページ

    • ニュース|公明党

    • Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
      このページの先頭へ