安全保障体制の構築

6月10日付の公明新聞3面 北側一雄副代表インタビュー

Q&A 公明党の参院選重点政策

国際社会の平和と安定

✪答える人 北側一雄副代表
公明党は参院選重点政策の第3弾として、国際社会の平和と安定などを掲げました。安全保障体制の構築について、北側一雄副代表に聞きました。

安全保障体制の構築
専守防衛の下、防衛力を強化。 日米同盟を基軸として抑止力・対応力の一層の向上を図る

 安全保障体制を構築する意義については。
北側一雄副代表 ロシアによるウクライナ侵略は国際秩序を侵害する断じて許し難い行為です。こうした暴挙を受け、「東アジアでも力による一方的な現状変更が起こるのではないか」との不安の声が上がっています。
 また、北朝鮮の度重なるミサイル発射など、わが国を取り巻く安全保障環境は一段と厳しくなっています。こうした深刻な脅威から、国民の生命と平和な暮らしを守るためには、隙間のない安全保障体制の構築が必要です。

 具体的には。
北側 日本の安全保障政策は、憲法9条を基にした専守防衛の下、日米同盟による防衛協力体制が基軸です。平和安全法制によって、日米同盟の信頼性は高まり、抑止力・対処力は確実に強化されています。
 現代の安全保障を考える際、一国だけで自国の防衛を担うのは困難な時代を迎えています。今後はさらに、日米の連携を強化し、抑止力の一層の向上を図っていきます。

 防衛費のあり方について議論されていますが。
北側 厳しさを増す安全保障環境に対処するためには、日本の防衛力を強化していくことが必要です。何が不足し、何が必要なのか、しっかりと議論を進め、真に必要な防衛費の増額については、国民の理解を得ながら進めていくという取り組みが重要です。
 公明党はこれまで、平和外交や国連平和維持活動(PKO)協力法の制定を推進するなど、紛争の未然防止や平和構築に取り組んできました。
 平和安全法制の制定では、憲法9条の範囲内で可能な「自衛の措置」の限界を明確にさせ、その上で、武力攻撃に至らない、いわゆる「グレーゾーン事態」から有事まで隙間のない対処を可能としました。
 また、日本を守るために活動中の米軍部隊が攻撃を受けた場合、自衛隊が防護できるようにし、日米同盟の信頼性も向上させました。現下の厳しい安全保障環境を鑑みたとき、この法整備の正しさが証明されていると思います。今後も、内外の諸情勢を客観的に踏まえ、現実的な安全保障体制を整えていきます。

非核3原則 堅持すべき

核抑止力についても議論になっていますが。
北側 唯一の戦争被爆国として、公明党が主導し、今や国是となっている「持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則を堅持すべきです。核兵器の脅威に関しては、日米同盟を強化することで、抑止力を高めることが重要です。
 公明党がめざすのは「核兵器のない世界」ですが、現下の厳しい安全保障環境下では、米国の持つ核抑止力は必要と言わざるを得ません。日本は核保有国と非保有国の橋渡しに全力を尽くし、核兵器禁止条約への参加をめざしてまいります。

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2022年7月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • カテゴリー

  • line友だち追加