景気、基地、献金疑惑の「3K」で論戦挑む

2010年1月13日 4:51 PM|カテゴリー:北がわブログ

12日、政財界、外国公館関係者、識者・文化人ら多数の来賓を迎えて、公明党大阪府本部の新春年賀会が大阪市内で盛大に開催され、私も出席いたしました。

席上、参院選予定候補(大阪選挙区)の石川ひろたかさんが、「大阪から青年を元気にしていく。青年が夢と希望を持てる社会を全力で築きたい。そして日本の未来を切り開き、日本を変えていく」と熱く決意を表明。

来賓あいさつでは、橋下徹・大阪府知事が「優しさと競争力を備えた理想の大阪を構築するには、とてつもないエネルギーが必要だ。ぜひ公明党にお力添えをいただきたい」。
また、小池俊二・日本商工連盟大阪地区代表が「21世紀は女性と地域の時代だ。女性議員、地方議員が多数おられる公明党には本来の魅力ある政策を打ち出し、勝ち抜いてほしい」と力説されるなど、熱気あふれる会合となりました。

来週18日には、通常国会が召集され、鳩山“迷走”政権との本格的な論戦がいよいよ始まります。
国民の暮らしを守るため、景気・雇用、基地、献金疑惑のいわゆる「3K」問題について、真正面から論戦を挑むよう、党内でしっかりと打合せを重ねていきたいと思います。

<1月2日、石川ひろたかさんとともに行った、堺市内での新春街頭演説の写真>
寒風の中、足を止めて聴いてくださり、ありがとうございました。

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加