2014年度税制改正大綱の策定へ本格的な議論開始

2013年11月28日 4:57 PM|カテゴリー:北がわブログ

きのう27日、国会内で与党税制協議会に出席し、2014年度税制改正大綱の策定へ本格的な議論を開始しました。
軽減税率の導入に向け公明党が提案した、(1)対象品目を酒と外食を除く食料品と新聞、出版物に設定(2)企業の事務負担軽減に向けた現行の帳簿、請求書を活用した「簡易な経理方式」について、自民党が意見を表明しました。
具体的には、軽減税率導入による減収分の「財源の手当てと対象品目の選定は慎重に進める必要がある」と主張。また「事業者の事務負担の増加という点において、(事務負担が重い)インボイス(消費税額などが示された納品書)制度と同じ」との考えを示しました。
これに対し公明党は、消費税率10%時に軽減税率などの低所得者対策を講じるまで「簡素な給付措置」を実施することが決まっていることに触れ、「(どの低所得者策でも)財源が必要との認識は持っていたのではないか」と指摘。これに加え、消費税率引き上げによる増収分すべての使途は閣議決定されていないとして「財源問題を理由に『軽減税率はダメ』というのは理解しにくい」と強調しました。そのほか、復興特別法人税の1年前倒し廃止についても、両党が検討状況を報告しました。

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加