安全保障環境の変化と課題をめぐり議論

2014年4月18日 11:46 AM|カテゴリー:北がわニュース

第5回の会合を開いた党安全保障に関する研究会

公明党は17日、衆院第2議員会館で、外交安全保障調査会(上田勇会長=衆院議員)に設置された「安全保障に関する研究会」の第5回となる会合を開催した。

冒頭、同調査会顧問の北側一雄副代表は、「(日本をめぐる)安全保障環境の変化とそこにある課題について勉強していきたい」とあいさつ。会合では、朝鮮半島情勢をはじめとする東アジア情勢について、防衛省防衛研究所から「東アジア戦略概観2014」に基づき説明を受けたほか、元内閣官房副長官補の柳澤協二氏から、「今日の国際情勢をどう見るか」について話を聞き、最後に質疑応答を行った。

詳細は、以下のURLからご覧ください。(公明新聞ニュースより転載)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140418_13769

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ