平和外交で役割果たす

2014年9月17日 10:09 AM|カテゴリー:北がわニュース

北側副代表が出席 党滋賀県本部が政策研修会

公明党の北側一雄副代表は15日、滋賀県大津市内で開かれた党滋賀県本部(梅村正代表=県議)の議員と党員の代表が集った「政策研修会」に出席し、安全保障法制をテーマに講演した。

北側副代表は、7月1日の閣議決定に盛り込まれた自衛権行使の新3要件について「極めて厳格な要件だ。他国防衛は認めず専守防衛を守り、さらに憲法解釈の限界を明らかにした」と強調。「公明党がいたからこそ平和主義を守り、かつ安保法制の隙間を埋めるという“両立”ができた」と指摘した。

また、「安保法制の整備はあくまでも国民を守るための備え。平和構築に向けた外交とは車の両輪だ」と述べ、特に中国との関係改善について、「公明党が大きな役割を果たしていきたい」と力説した。

詳細は、以下のURLからご覧ください。(公明新聞ニュースより転載)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140917_14943

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加