日米協力で抑止力強化

2015年9月15日 11:05 AM|カテゴリー:北がわニュース

NHK番組で北側副代表 法整備の必要性訴え

公明党の北側一雄副代表は13日夜、NHKの報道番組に与野党各党の代表と共に出席し、平和安全法制を整備する必要性を訴えた。

北側副代表はこれまでの国会議論を通じ、日本をめぐる安全保障環境が厳しさを増しているとの認識で「多くの野党も共通の理解をしている」と指摘。国と国民を守る現実的な選択肢は、「日米防衛協力体制の信頼性、実効性を向上させ、抑止力を強化していくしかない」と強調した。

その上で、日本を守るために活動している公海上の米艦船に武力攻撃があった場合、「自衛隊が排除できないことがあってはならないという認識は、(野党も)共有されているのではないか」と主張した。

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ