日韓関係 未来志向で

2017年5月11日 10:31 AM|カテゴリー:北がわニュース

対北朝鮮、連携して対処
警戒態勢維持し万全期す
政府・与党が方針確認

政府と自民、公明の与党両党は10日昼、首相官邸で連絡会議を開き、緊迫する北朝鮮情勢に対して厳重な警戒監視態勢を維持し、万全の対応で臨むことを確認。また、韓国の新大統領に文在寅氏が就任したことから、連携して対応するとともに、未来志向の日韓関係の発展に努めていく方針も確認した。


席上、公明党の山口那津男代表は、日韓関係について「長年の経緯を踏まえ、今後の関係が一層深まり発展するよう、政府・与党が共に努力したい」と強調。政府間だけでなく、議員連盟など国会議員の交流も重要だと指摘し、「与党が果たすべき役割も踏まえ、日韓関係の一層の安定と発展に努めたい」と語った。

安倍晋三首相は「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国だ。北朝鮮問題で連携して対処するとともに、未来志向の日韓関係を発展させたい」と述べた。

北朝鮮問題で山口代表は、「まず日米の緊密な連携が重要であり、中国やロシアなど周辺国とも連携し、幅広い国際連携の下で解決を図るべきだ」と力説。安倍首相は「関係国と緊密に連携し、強く自制を求めていく」と述べた上で、「さらなる挑発の可能性も十分考えられることから、引き続き高度な警戒態勢を維持していく」と万全を期す方針を示した。

また、山口代表は、今月下旬にイタリアで開かれる主要7カ国(G7)首脳会議に関して「経済成長や北朝鮮を巡っての国際連携の強化など、成果の上がる会議にしてもらいたい」と述べ、安倍首相のリーダーシップに期待を寄せた。

乾いた強風の影響で、東北地方を中心に山火事が相次いだことには、出火原因の究明を急ぎ、「防止策や消火態勢の充実に政府と自治体が協力して取り組んでもらいたい」と要請した。

受動喫煙防止対策については、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた課題であり、「国際社会に対応し国民の健康増進へ、合意形成に一層の努力をすべきだ」と訴えた。

一方、安倍首相は天皇陛下の退位を可能にする法案について、国会提出へ作業を進めているとし、「今国会での成立に全力を尽くしたい」と表明。自民党総裁として「20年を新憲法施行の年にしたい」との意向を示した理由について、「国会における議論の活性化や、国民的な議論の深まりを期待したものだ。国会、政党間での議論を深めてほしい」と説明した。

(公明新聞ニュースより転載)

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ