北の核放棄へ圧力強く

2017年6月13日 2:48 PM|カテゴリー:北がわニュース

ラジオ番組で北側副代表 米韓中ロと連携し対処

公明党の北側一雄副代表は12日、ニッポン放送のラジオ番組に出演し、弾道ミサイル発射など挑発行為を繰り返す北挑戦への対応について、「北挑戦が核放棄へ歩み出すために周辺国が圧力をしっかりかけていかなければならない」との考えを示した。

北側副代表は、北朝鮮が4週連続でミサイル発射を強行し、その精度が向上している現状に触れ、「わが国の安全に対する脅威だ」と指摘。その上で、北朝鮮への圧力を強化していくには、米国や韓国に加え、中国、ロシアとも緊密に連携して対処すべきだと強調した。

北朝鮮への影響が大きい中国の対応については、5月に議員連盟の一員として、武大偉・朝鮮半島問題特別代表と会談した模様を紹介し、「中国側も本気になって北朝鮮問題に対処しなくてはいけないと思っている」との認識を述べた。(公明新聞ニュースより転載)

聴取はこちらをクリックしてください。

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ