結束し“政治決戦”勝利

2018年7月29日 11:25 AM|カテゴリー:北がわニュース

京都の夏季議員研で北側副代表

公明党京都府本部(代表=竹内譲衆院議員)は28日、京都市内で夏季議員研修会を開催した。府内の議員が集い、来年の政治決戦に向けたスタートを切った。

北側一雄副代表は、来年は統一地方選挙に続いて参院選が行われる“ダブル選挙”の年であると指摘し、「本当に厳しい選挙戦になる。しっかりと結束して戦い、政治決戦を勝利したい」と述べた。

竹内府代表は、公明党議員に求められる四つの議員力の中で、“拡大力”の重要性について強調し、党勢拡大への取り組みを呼び掛けた。

来夏の参院選に挑む、杉ひさたけ(大阪選挙区)、山本かなえ(比例区)の両参院議員、高橋みつお党国際局次長(兵庫選挙区)が、それぞれ必勝の決意を力強く述べた。

(公明新聞ニュースより転載)

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加