新型肺炎 対策強化へ全力

2020年2月25日 3:10 PM|カテゴリー:北がわニュース

堺市で北側副代表ら 国と地方が連携し推進
党大阪府本部が「一斉街頭」

公明党大阪府本部(代表=佐藤茂樹衆院議員)は23日、同府本部所属の国会議員、地方議員が総出で府内各地の駅頭などで演説する「一斉街頭」を行った。

同街頭演説会は2018年2月から月末の日曜日に、共通のテーマで実施しているもの。

今年初の実施となったこの日は「新型コロナウイルス感染症」への対応について各地で訴えた。

このうち堺市堺区のJR三国ケ丘駅前で北側一雄副代表は、公明党の推進で、感染の疑いがある場合に適切な対応を助言する電話相談窓口「帰国者・接触者相談センター」などが全国に設置されたことを紹介。その上で「堺市でも相談センターの専用ダイヤルが開設され、感染拡大防止に向けた体制づくりを進めている」と強調した。

また感染拡大で経営が悪化した中小企業などへの支援について言及。日本政策金融公庫などに5000億円の緊急貸し付け・保証枠が設けられたことを報告した。その上で「経済対策や感染拡大の防止には、国と地方との連携が不可欠」と述べ、「党のネットワークを生かし課題解決に全力を尽くしていく」と訴えた。

同駅前の街頭演説には裏山正利、小野伸也の両市議も参加。小野市議は、マスク不足解消へ増産体制を確保したことなどを述べた。(公明新聞ニュースより転載)

» «

コメントをどうぞ

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • カテゴリー

  • 最近のコメント

    • Twitter

    • 北がわ一雄Facebookページ

    • ニュース|公明党


    • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
      このページの先頭へ