臨時交付金 有効活用を 福井  北側副代表 

2020年7月27日 1:07 PM|カテゴリー:北がわニュース

北側副代表は、福井県越前市で開催された党福井県本部(代表=西本恵一県議)の夏季議員研修会に出席し、あいさつした。山本香苗、熊野正士の両参院議員と、太田昌孝衆院議員が参加した。

北側副代表は、新型コロナウイルス感染症により、生活や仕事などに不安が広がる中、「感染症対策を実践しながら積極的な訪問対話を展開し、地域に大きく人脈を拡大していこう」と強調。また、自治体のコロナ対策に活用できる地方創生臨時交付金に触れ、「新生児の給付対象の拡大など各自治体における特有の課題解決に向け、有効に活用してほしい」と訴えた。

奥村義則・県機関紙推進委員長(鯖江市議)が電子版の普及など議員率先の新聞拡大を呼び掛けた。津田かおり・福井市議が活動報告を行った。

(公明新聞ニュースより転載)

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加