10代の若者と「18歳選挙権」で対話集会

2014年6月20日 12:48 PM|カテゴリー:北がわブログ

きのう19日、国会内で行われた『ACT18シンポジウム』に参加させていただき、10代の高校生・大学生のみなさんと、「18歳選挙権」について議論しました。

憲法改正の手続きを定めた改正国民投票法が今月13日に成立したことにより、4年後に投票年齢が「18歳以上」に引き下げられます。あわせて、国政選挙や地方選挙に投票する選挙権年齢も同様に引き下げる公職選挙法改正案の秋の臨時国会提出を目指しています。

パネルディスカッションでは、18歳選挙権実現のための課題や問題点を話し合いました。司会を担当された17歳の方は、2年後の次回国政選挙に投票したいとおっしゃいました。高齢化が急速に進む日本において、若い方々の力が社会発展に欠かせません。

学校の授業を終え、制服姿で駆けつけて来られた方々の真摯なお声を聞かせていただき、18歳選挙権実現に向け、全力で取り組む気持ちを強くいたしました。

 

 

 

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加