「第三者機関」設置を検討

2014年3月6日 4:40 PM|カテゴリー:北がわニュース

衆院選挙制度改革 来週にも全党で協議 与野党7党

与野党7党は5日午後、衆院第2議員会館で衆院選挙制度改革に関する実務者協議を開き、衆院議長の下に第三者機関を設置することを検討していくことで一致した。公明党から北側一雄副代表(政治改革本部長)が出席した。
席上、民主、日本維新の会、みんな、結い、生活の野党5党は、伊吹文明衆院議長の下に第三者機関を新たに設け、衆院議員の定数削減と制度の抜本改革について有識者に議論を委ねることを提案。
自民、公明の与党両党は、これまでの実務者協議では定数削減について合意を得るのは容易ではないとの認識を示し、「第三者機関に委ねることは前向きに検討してもいい」と回答した。

詳細は、以下のURLからご覧ください。(公明新聞ニュースより転載)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140306_13438

 

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加