日越関係さらに深く 山口代表、サンベトナム国家主席と会談

2014年3月19日 1:25 PM|カテゴリー:北がわニュース

文化、教育重視し交流促進 山口代表

公明の主張 行動計画に反映 サン主席

公明党の山口那津男代表は18日、都内の迎賓館で来日中のベトナムのチュオン・タン・サン国家主席と会談し、日越関係のさらなる発展へ尽力していくことで一致した。北側一雄副代表や上田勇国際委員長(衆院議員)らが同席した。

席上、山口代表は、1991年に党調査団としてベトナムを訪問したことを機に、同国の地雷除去に尽力してきた経緯を報告。その上で、日越関係の発展に向け、鉄道などのインフラ整備のほか、「公明党が重視しているのは文化や教育に対する交流。これは国と国との関係を長く安定的に保つための基になる」とし、この観点からベトナムでのビジネス総合大学の建設促進に尽力していくと訴えた。

加えて「海上保安、沿岸警備の分野でも交流を進めて、協力し合うことが大切。海上交通網の自由、法の支配を確立するためには、幅広い取り組みが必要だ」と指摘。海上保安に取り組むベトナム人の研修を日本で続けていきたいとの認識を示した。
その上で、公明党議員が力を合わせて「日本とベトナムの関係発展、戦略的パートナーシップの発展のために協力していく」と力説した。

詳細は、以下のURLからご覧ください。(公明新聞ニュースより転載)

https://www.komei.or.jp/news/detail/20140319_13534

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加