「新3要件」で厳格な歯止め

2014年7月6日 10:43 AM|カテゴリー:北がわニュース

閣議決定 武力の行使は自国防衛に限定

——5日、全国県代表協議会であいさつ 北側一雄副代表——

北側副代表は、自民、公明両党による与党協議の結果を受け、政府が1日に行った安全保障法制整備に関する閣議決定について、「公明党の主張を数多く盛り込んだ」と強調。焦点となった自衛権発動の「新3要件」については、「厳格な歯止めをかけた」と紹介した上で、「3要件満たすこと自体が、担当、大変な事態に限られる」と指摘した。

さらに、閣議決定には公明党の主張で、政府の憲法解釈のベースとなっている1972年の政府見解の基本的な論理が「今後とも維持されなければならない」との文言が盛り込まれた点に言及。「憲法第9条の下で許容される武力の行使の限界線を明示した。これを超える場合は、憲法改正するしかないことを明確にした」と強調した。

加えて閣議決定には、武力の行使が「わが国を防衛するための、やむを得ない自衛の措置である」との考えが盛り込まれ、あくまで自国防衛に限ったものだと指摘。今後も国民の理解を得るために、「われわれの考えを発信し続けていきたい」と述べた。

(公明新聞ニュースより転載)

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ