憲法記念日 各地で街頭演説会

2015年5月4日 11:46 AM|カテゴリー:北がわニュース

公明が恒久平和の先頭に

施行から68年となる3日の憲法記念日に、公明党は各地で街頭演説会を開催し、日本国憲法の「恒久平和主義」「基本的人権の尊重」「国民主権主義」の3原則の堅持などを訴えた。

【大阪】

北側一雄副代表は、樋口尚也衆院議員、杉久武参院議員と共に大阪市内で開かれた党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)の街頭演説会に出席。府議、市議の代表も参加した。

北側副代表は、憲法改正をめぐる議論の進め方に関して「結論、期限ありきではない。国民的な議論をしていくことが重要」と強調。その上で、環境権や災害時などの緊急事態について研究し「加憲の立場で論議に臨みたい」と訴えた。

(写真)憲法改正論議について見解を述べる北側副代表(中)と、樋口(左)、杉の両氏=大阪市

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加