日本の環境技術 世界へ

2015年8月28日 10:34 AM|カテゴリー:北がわニュース

党推進本部で住団連会長 省エネ住宅の普及強調

公明党の省エネ社会推進本部(赤羽一嘉本部長=衆院議員)は27日、衆院第2議員会館で会合を開き、一般社団法人・住宅生産団体連合会(住団連)の和田勇会長(積水ハウス株式会社代表取締役会長兼CEO)が講演した。

和田会長は、安全・安心の確保やコミュニティーの再生、地球温暖化対策など多岐にわたる分野で「住宅が社会の課題の中心に位置している」と指摘。中でも環境分野で住宅が担う役割について、日本の電力全体の約3分の1を家庭が消費していることから、省エネ住宅の普及を促進する必要性を強調した。

さらに、日本の環境技術が海外で高い評価を得ている事例を紹介し、「日本の良さを世界中に発信していきたい」と訴えた。

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加