政見放送、持ち込み可

2016年5月12日 1:26 PM|カテゴリー:北がわニュース

党合同会議 公選法改正案を了承 ◇参院選選挙区◇

公明党の政治改革本部(本部長=北側一雄副代表)と総務部会(部会長=桝屋敬悟衆院議員)は11日、衆院第2議員会館で合同会議を開き、衆院選小選挙区と同様に参院選選挙区の候補者による政見放送で持ち込みビデオ方式を導入する公職選挙法改正案を了承した。

同改正案は、同選挙区の候補者が録音・録画した政見をそのまま放送できるようにするもの。

現行制度では、候補者が放送事業者のスタジオに出向いて収録する方式に限られ、視覚・聴覚障がい者のための手話通訳や字幕を付けることができない。

会合の席上、北側副代表らは、政見放送に手話通訳や字幕を付けるなどの工夫をすることで、「国民の政治への関心を高めることが改正案の趣旨だ」と強調した。

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加