与野党の合意形成前提

2017年2月21日 12:35 PM|カテゴリー:北がわニュース

憲法改正めぐり講演
関西経済同友会で北側副代表

公明党の北側一雄副代表(党憲法調査会長)は20日、大阪市内で開かれた関西経済同友会の「時事問題研究会」に講師として出席し、「憲法改正に対する考え方」をテーマに約1時間にわたって講演した。
北側副代表は、今年で施行から70年を迎える日本国憲法について、「わが国の民主主義の進展、社会、経済の発展に大きな役割を果たし、国民にも広く支持されている」と評価。国民主権、基本的人権の尊重、恒久平和主義の3原理は今後も堅持した上で、「(公明党は)新しい時代に対応した条項を加えていく『加憲』の立場だ」と述べた。

今後の憲法改正論議のあり方については、衆参両院の憲法審査会を軸に「まずは、与野党で合意形成を図ることが重要だ」と力説。

具体的な改正項目については、「必要性、緊急性の高いものでなければ国民の理解は得られない」と指摘し、冷静な議論を積み重ねていく考えを示した。

(公明新聞ニュースより転載)

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加