日本赤十字社から公明に「金色有功章」

2019年3月8日 2:23 PM|カテゴリー:北がわニュース

災害救援(昨年のインドネシアでの地震)に対する支援で
山口代表が報告

日本赤十字社が公明を表彰――。公明党の山口那津男代表は7日、東京都新宿区の党本部で開かれた中央幹事会であいさつし、昨年9月のインドネシア・スラウェシ島の地震で、公明党が日本赤十字社の救援活動を支援するために50万円を寄付したことに対し、同社から「金色有功章」として表彰され、記念の盾とバッジが贈られたことを報告した。

この中で山口代表は、6日に東日本大震災の義援金を日本赤十字社に寄託した際、表彰されたことを紹介。同社に対し、「公明党は『大衆とともに』歩む政党であり、その大勢の党員、支持者の皆さまの気持ち、心を代表して党として寄付した」と伝えたことを明かした。

その上で、今後も同社の国際的な活動に対して支援していく考えを表明。また、東日本大震災から間もなく丸8年を迎えることに触れ、「防災・減災を(政治、社会の)主流とするトップランナーとして党を挙げ、ネットワークを生かして取り組んでいきたい」と述べた。

(公明新聞ニュースより転載)

» «

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
  • カレンダー

    2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • カテゴリー

  • line友だち追加