新たな政権で外交の再建を!

2012年9月19日 11:18 AM|カテゴリー:北がわブログ

尖閣諸島、竹島は日本固有の領土です。今、中国で起こっている暴動は決して許してはいけない。毅然かつ冷静に対処していかねばなりません。

しかし、この事態を招いた最大の要因は、民主政権の誤った外交政策にあります。

自公政権は、街の真ん中にある普天間基地の危険を除去し、かつ沖縄米軍を大幅に削減して、沖縄の負担を軽減する為、米国と粘り強く交渉し、時間をかけて沖縄県民の理解を得るよう努力しました。
その結果、普天間基地の辺野古への移設を合意できたのです。
しかし、政権交代後、鳩山元首相は「普天間は国外移設、少なくとも県外」と発言。日米間の合意を覆し、米国政府の信頼を大きく失墜させました。

今、求められるのは、強固な日米同盟の再構築です。
一刻も早く、新たな政権の下で、日米同盟を基軸とした外交を再建しなければならないと考えます。

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ