平和安全法制 憲法に違反せず

2015年6月7日 1:55 PM|カテゴリー:北がわニュース

「地方版戦略」策定へ提案活発に
北側副代表、桝屋本部長
全国県代表協議会

北側一雄副代表は、「平和安全法制」の関連法案に関する国会論戦のポイントなどについて説明。4日の衆院憲法審査会での参考人質疑で、憲法学者がこれまでの政府の憲法解釈を超えているなどとして同関連法案を「違憲」と述べたことに反論した。

北側副代表は、政府の憲法9条解釈の一番の根幹は「もっぱら他国防衛を目的とした集団的自衛権の行使はできない」などとする1972年(昭和47年)の政府見解と指摘。

その上で、「昨年7月の閣議決定は、72年見解との論理的整合性を守っている」として、同閣議決定に基づいた関連法案は「憲法違反ではない」と強調した。

» «

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新型コロナウィルス まとめ 新型コロナウイルスに関するQ&A
line友だち追加
  • カレンダー

    2021年6月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • カテゴリー

  • Twitter

  • 北がわ一雄Facebookページ


  • Kitagawaチャンネル Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト 北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
    このページの先頭へ